風俗アタッカー・体験談まとめ

水パイを揉みしだく

      2015/12/15

水パイ

水パイというワードをご存じでしょうか。
まるで水が入ってるのかと錯覚するほどの柔らかい女性のおっぱいのことを指します。
要は、ウォーターベッドみたいなことですね。
一説によると「水パイを揉むと不幸なる」なんて噂もありますが、そんなものは迷信に決まっています。
女性のおっぱいは世界で最も幸福な存在です。
命の源であり、男たちの活力の源です。
それが不幸を呼ぶなんて、どう考えても嘘です。

そんなことはさて置き、なぜ水パイの話をしたかと言うと、先日とても素敵な水パイモミモミ体験をすることができたからです。
それは横浜の風俗のモンデミーテを利用した時のことでした。
私はよくモンデミーテを利用するのですが、それは巨乳が大好きだからという理由です。
でも、その日に遊んだ女の子のおっぱいの柔らかさと言ったら、ハンパじゃなかったのです。
これが世に言う水パイかぁ、と驚いてしまいました。
とにかく柔らかくて、優しく包まれてる感がハンパじゃなかったです。
吸っても口当たりが最高なのです。
おまけに感度がいいなんて、水パイ最高じゃないですか。

あまりにも水パイが素敵なものですから、水パイを揉むことのかなりの時間を費やしてしまって、延長してしまいました。
いっけねぇ~w

とにかく柔らかい水パイ

水パイは文字通り、とにかく柔らかいです。
水の様に柔らかいおっぱいですから、仰向けになった時なんかペチャンコになります。
また、ブラジャーや水着を付けた際もペチャっとなり、本来の大きさに見えません。
それが理由で、水パイの女の子は、自分が水パイであることが嫌だ!って人が多いらしいです。
そりゃ、そうですよね。
女は愛されてなんぼですから、見た目が悪いのは嫌でしょう。
でも、男からしたら、水パイも魅力的です。
見て楽しむのもそうですが、やっぱり最終的には触ったり、舐めたりしたいですもの。
さて、水パイの対義語になるのか分かりませんが、肉パイという言葉もあるらしいです。
つまり、水じゃなくて、普通に肉のおっぱいという意味ですw

 - 体験談