風俗アタッカー・体験談まとめ

ゴックンは…イイ…ね…

   

ゴックン

ゴックン、それは風俗用語で精子を飲んでもらうプレイの事を指す。

何かを飲み込む時にゴックンという音がするので、まんまソコに由来している。

さて、このゴックンの素晴らしさを皆さんは知っているだろうか。

「射精した後に、その精液をどうされようがどうだっていいよ…」

そう思うのも仕方が無い。

かくいう私もその一人だった。

射精したものを吐き出されようが、どうでもよかった。

そう、実際にゴックンを体験するまでは。

そんな私とゴックンの出会いは10年前、とある風俗店でのことだった。

なんかのキャンペーンで、オプションが無料で付けれる時があった。

その無料で選べるオプションの中に特に魅かれるものは無かったから、適当にゴックンを選んだ。

そして、実際にプレイが始まり、一連のプレイをこなしたあと口内射精をした。

そして、そのまま女性が私の精液をゴックンした。

その瞬間、筆舌に尽くしがたい快感が私の体中を駆け巡った。

私の分身とも言える精子たちが、目の前の生身の女の子の血や肉、あるいは骨の一部になるのだと思うとハンパなく興奮した。

そうして、私はゴックンの虜になっていった。

今では、風俗で遊ぶ度に、有料であろうが無料であろうが必ずゴックンのオプションを付けることは説明するまでもないだろう。

 - 体験談