風俗アタッカー・体験談まとめ

拘束プレイがこれほどとは

   

拘束プレイ

私は風俗を頻繁に利用するのですが、イメージプレイなるものにあまり関心を持ったことがありませんでした。

イメクラの要素を持ったお店やイメージコースのある風俗に行っても、そこはスルーして普通に恋人コースをチョイスしていました。

でも、ある時ふと思いたち、今までと違った刺激が欲しくなりました。

そこで、行きつけの風俗でいつもとは違う拘束プレイができる拘束コースというものをチョイスしてみました。

恋人コースとは違い、一人でシャワーを浴びます。

そしてシャワーから出ると、手かせと目隠しで体の自由と視界を奪われた女の子がベッドの上で拘束されています。

制服を着た女の子がです。

それを見た瞬間、私の全身に電流が走りました。

興奮して、ギンッギンになっていました。

まずはスカートをめくります。

純白の可愛いパンティの上から、鼻を付け芳しい香りを堪能します。

そして、もちろんおっぱいも頂きます。

これまた可愛い純白のブラジャーをそっと外し、おっぱいを揉んだり乳首をコリコリしたり舐めたりします。

好き勝手に弄ばれている女の子はもちろん嫌がりますが、体の自由を奪われているので抵抗できません。

でも、嫌がる中でも明らかにエロい吐息を漏らしていることに気が付きます。

そのリアクションにさらにエンジンのかかってしまった私は、パンティを脱がしアソコをこれでもかと言うほどに愛でます。

さらには、目隠しをされている女の子の可愛いお口に私のアソコをねじ込みます。

最初は嫌がっていたくせに、ちゃっかりと口の中で舌を転がしカリ周辺をくまなく舐め回します。

やがて、彼女を拘束から解放した時には、完全にメスの可愛いアヘ顔になっていました。

そして、私を感情のままに求めてきました。

激しい攻防が繰り広げられ、濃厚で恍惚の絡みの時間です。

そんな感じで、拘束プレイの醍醐味を遅まきながら知る事ができました。

これからは、拘束コースに限らずイメージプレイを片っ端から開拓していきたいと思います。

「人生なにごとも経験」という格言を、これほどまでに身を持って感じたことはありませんでした。

 - 体験談