風俗アタッカー・体験談まとめ

潮を吹かせに風俗に行く

   

潮吹きガール

俺が風俗を利用する際は、常に潮を吹かせるつもりで臨む。
もちろん、素人の女の子と普通にセックスする時より難易度は高い。
なぜなら、風俗嬢たちは仕事でやっているからだ。
中には、快楽も求めるている女の子もいるが、基本的にはみんなメンタルもフィジカルも仕事モードになっている。
だからこそ、潮吹きにトライしたいのだ。

まずは心の歩み寄り

私は、対面したときから心の歩み寄りを心がけている。
私が安心できる人間であることをアピールするのだ。
だから、おそらく他の利用者より、世間話が長いと思う。
潮を吹かせる為には、まずは心が近くないとダメなのだ。

全身の愛撫が大事

潮を吹かせる為には、小手先のテクニックだけではだめだ。
キスから、胸や全身の愛撫から、トータルでのテクニックが大切なのだ。
潮吹きというピークに持っていく為に、時間をかけて準備していく感じだ。

潮を吹かせる為の手マン

まずはひとしきり、通常のクンニや手マンをする。
濡れてきたり、女の子の反応をみて、呼吸とシンクロする様に中に指を入れる。
こちらの緩急と女の子がシンクロしてきたら、いよいよクライマックスだ。
第一関節まで入れて、上の壁の方にヒダっぽくなっている場所がある。
そこを早く前後に愛撫するのだ。
それで、大体の女の子は潮を吹く。

潮を吹いた女の子は頑張る

潮を吹いたら攻守交代だ。
女の子が私を気持ち良くしてくれる。
そんな感じで、風俗では潮吹きを楽しんでいる。

 - 体験談